2006年12月31日

ローゼンメイデンは「EVA」になれたのか

・20世紀の作品と21世紀の作品

優れた娯楽作品は、その作品を取り巻く世界、即ち現実世界の経済、文化、その他諸々の要因を取り込み、また影響を与える。相互作用をもたらす力を備えたものが多い。

なぜならば、ひとつにはその作品自体が商活動そのものであるからだ。商業を忘れた作品は絶対に大成しない。かと言って、商業「だけ」にフォーカスしようとして、徒花となってあっと言う間に消え去る作品もまた多い。これは売れんがために表現を忘れてしまう、もしくは意図的に捨て去るため、そうなるのである。

ローゼンメイデン。現状のこれは、シリーズを超え、サーガに至れるかどうかといった段階を目指すか、もしくは、そのまま終わるかといった段階にある。個人的にはどちらでもいい。ダラダラと続けて命脈を磨り減らすのも、ある程度で区切りをつけて次に移るのも、どちらも戦略である。

EVAを比較対象とするのは困難である。一言で言うと時代が違う。向こうはまだ「パソコン通信」が幅をきかせていた時代に放映されていた。深夜ではなく、夕方に放映されていた。ガンダムSEEDではなく、ガンダムWがいた。同じ面もある。時代の鬱屈を取り込んだという点、鬱屈が未だ解消されていないという点。これは経済の話である。

EVAは不遇だった。あれだけ売れて不遇だったというのは変な話だが、制作当時、カネに困っていたのは隠しようがない。作品にも如実に表れている。一言で言うと貧乏くさいのである。ローゼンだって、真紅の顔がどアップで出るたびに僕は未だにハラハラする。ただし破綻寸前で制作されているのはローゼンだけじゃない。みんな一緒の搾取率の中で作られている「ジャンク」なのである。それがアニメだ。

一言で言うとローゼンメイデンはEVAにはなれない。しかし、なる必要もない。
真紅と水銀燈という優れたキャラクターを放出したことに意義がある。
ひとまず、そんな作品である。
posted by のり at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ローゼンメイデン・NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

オーベルテューレ・後編

・幻惑されて

1166898875333dd85.jpg11668983277179dae.jpg

「オーベルテューレ」では、第一期・第二期では見られなかったような
薔薇乙女の表情を伺うことが出来ます。キャラクターの立ち位置を変えて
楽しむ、と言う点では、正しく、お人形さん遊びと相通じるものがあると
言えるでしょう。

第四期が今から楽しみです!

2006年12月23日

オーベルテューレ・前編

・胸いっぱいの愛を

1166817860674b163.jpg

投入されたこの作品は、とても幸福だと思いました。今年最良のアニメーション作品です。

古い常識では、これは単なるOVAでしょう。
ただし、2話だけで構成された第三期と捉える事も十分に可能でしょう。

現在、「萌えアニ」産業は、恐るべき過当競争の最中にいます。
お客の可処分時間は、相対的にも絶対的にも、確実に減少しています。
そんなお客を繋ぎ止める有効策として、ダラダラと13話も展開するよりは
強烈な2話、もしくはたったの1話を提供する(そして確実に売る!)事が
求められているのではないでしょうか。

ま、僕は萌えアニなんかどうなってもいいし、完全に滅びたって別に構いませんがね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。